ご利用のブラウザは、東八幡キリスト教会(URL)では非対応となっております。
ブラウザを最新版に更新してご覧下さい。

動作環境:Firefox,Chrome,IE9以降,Safari

PASTORS牧師&スタッフ紹介

イエスは「人はパンのみで生きるのではない。神の言葉で生きる」とおっしゃいました。教会は、生きる意味を「パン(物質)」のみに見出すのではなく、聖書の言葉に見出します。聖書は、あなたに対する神様からの手紙です。そこには、あなたが本当に大切な存在であることがはっきりと書かれています。それが私たちの希望です。

牧師
奥田知志TOMOSHI OKUDA

1963年生まれ。関西学院神学部修士課程、西南学院大学神学部専攻科をそれぞれ卒業。九州大学大学院博士課程後期単位取得。
1990年、東八幡キリスト教会牧師として赴任。同時に、学生時代から始めた「ホームレス支援」を、ボランティアとしてだけでなく、教会の課題として継続し、北九州市において、2800人(2015年12月現在)以上のホームレスの人々を自立に導いたNPO法人「抱樸」(旧北九州ホームレス支援機構)の理事長としての重責も担う。その他、社会福祉法人グリーンコープ副理事長、共生地域創造財団理事長、国の審議会等の役職も歴任。毎日新聞社福祉顕彰など多数の表彰を受ける。NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」にも2度取り上げられ、著作も多数と広範囲に活動を広げている。

  • 著書:
  • 「もう一人にさせない」いのちのことば社
  • 「助けてと言える国へ」茂木健一郎氏共著 集英社新書
  • 「生活困窮者への伴走型支援」明石書店 等
牧師
石橋誠一SEIICHI ISHIBASHI

1977年生まれ。同志社大学大学院神学研究科、西南学院大学大学院神学研究科等で学んだ後、2014年、東八幡キリスト教会牧師として赴任。ギリシャ語、ヘブライ語に精通し、聖書の釈義については、神学部の教授たちも一目置くほどである。優しい面もちそのままの温和な性格で、相談しに来られる方々の心をつかむ。
奥田牧師と二人三脚で、東八幡キリスト教会の牧師として宣教の使命を担う大きな存在として、皆から愛される牧師である。

協働牧師
藤田英彦HIDEHIKO FUJITA

1929年生まれ。献身者として60年。教会に仕え、キリストに仕え、牧師一筋に生きてきた。また、日本バプテスト連盟だけでなく、キリスト教会のご意見番として、多くの方々から尊敬されている。「自分のへそを見るな、天を見上げろ」。「聖書に書いてあるが現実は生きられない、ではなく、現実は困難だが聖書に書いてあるからそのように生きよう。それがキリスト者だ」と語り続けている。
元日本キリスト教協議会副議長、靖国問題特別委員会委員長などを歴任。生涯をかけて、政教分離、信教の自由を守るために靖国問題や天皇制の問題に取り組んできた。現在は、九州バプテスト神学校理事長や東八幡キリスト教会の協働牧師の働きに加え、北九州連合の諸教会のアドバイザーとして活躍している。

協働牧師
森松長生NAGAO MORIMATSU

1960年生まれ。東京キリスト教短期大学、西南学院大学神学部専攻科卒業後、1990年より東京、久留米、北九州と牧師として働く。北九州において奥田牧師と共にボランティアとして、NPO法人の立上げや運営に携わる中、2003年、北九州市のホームレス支援事業を担うために、牧師を退職。NPO法人抱樸の専務理事として働きながら、協働牧師として教会の働きを担っている。

協働牧師
齊藤弘司KOJI SAITO

1972年生まれ。東京基督教大学、西南学院大学大学院神学研究科卒業後、2011年に宮城県の大富教会に牧師として赴任。震災直後の厳しい現実に向き合いながら牧会にあたる。2015年、北九州バプテスト地方連合に新しく設置された宣教支援センターの主事に就任。連合の協力伝道の活性化のために尽力しつつ、教会では協働牧師としての働きを担っている。

CONTACTお問い合わせ