ご利用のブラウザは、東八幡キリスト教会(URL)では非対応となっております。
ブラウザを最新版に更新してご覧下さい。

動作環境:Firefox,Chrome,IE9以降,Safari

生きる

2023/01/22

1/22巻頭言『「誰かに謝って欲しかった」 西日本新聞エッセイ』 そ...

(西日本新聞でエッセイと書くことになった。50回連載。考えてみたら、これをここに全部載せると一年かかるので飛ばし飛ばしやります。)私は「潰瘍(かいよう)性大腸...

記事を読む

2023/01/08

1/8巻頭言「わたしが困窮者支援をする理由」 西日本新聞エッセイ そ...

(西日本新聞でエッセイと書くことになった。50回連載。考えてみたら、これをここに全部載せると一年かかるので飛ばし飛ばしやります。)僕は長年困窮者支援に関わって...

記事を読む

2023/01/01

1/1巻頭言「わたしがいる あなたがいる なんとかなる」 西日本新聞...

(西日本新聞でエッセイと書くことになった。50回連載。考えてみたら、これをここに全部載せると一年かかるので飛ばし飛ばしやります。)NPO法人抱樸では「希望のま...

記事を読む

2022/12/25

12/25巻頭言「なんとかなる」 西日本新聞エッセイ その①

(西日本新聞でエッセイと書くことになった。50回連載。大丈夫かな)今日から連載が始まる。私はキリスト教会の牧師であり、困窮者支援のNPO法人抱樸(ほうぼく)の...

記事を読む

2022/12/18

12/18巻頭言「キリスト教愛真高校 卒業感謝会 保護者代表感話 最...

(2019年3月9日息子の時生が高校を卒業した。その時の保護者感話)「逃れの道(エクバシス)」は、「出口」と訳しても良いと思います。となると、やはり道は一本し...

記事を読む

2022/12/11

12/11巻頭言「キリスト教愛真高校 卒業感謝会 保護者代表感話 そ...

(2019年3月9日息子の時生が高校を卒業した。その時の保護者感話)なぜ、そう思うのか。卒業生の語った三年間の苦難が全く無駄ではないと彼らが示してくれたか...

記事を読む

2022/12/04

12/4巻頭言「キリスト教愛真高校 卒業感謝会 保護者代表感話 その...

(2019年3月9日息子の時生が高校を卒業した。その時の保護者感話)卒業生の保護者の一人として感話の機会を与えられたことを感謝します。最初に卒業生の皆さん、卒...

記事を読む

2022/08/28

8/28巻頭言「そんな時のひとこと」

 「あの日の夜に理事長が来てくれたことは忘れない」。そんなことを時々言われる。こちらはとっくに忘れているが、薬や防寒着を夜中に届けたとか、入院時に見舞いを届け...

記事を読む

2022/02/27

2/27巻頭言 「田島良昭さん 追悼文」

(田島良昭さんは、長崎南高愛隣会の創設者である。昨年八月七六歳で召された。これは偲ぶ会に寄せた私の追悼文である。) 「長崎の田島です」。落ち着いた声の男性はそ...

記事を読む

2022/02/20

2/20巻頭言「おバアはんの教え」

苦しみは一つだけでも大変だ。それが重なると「もう堪忍して」と言いたくなる。人生にはそんな「バッドなタイミング」がある。重なる、多重事故みたいなことが起こる。僕...

記事を読む

お問い合わせCONTACT