ご利用のブラウザは、東八幡キリスト教会(URL)では非対応となっております。
ブラウザを最新版に更新してご覧下さい。

動作環境:Firefox,Chrome,IE9以降,Safari

生きる

2024/06/23

6/23巻頭言「人間、そうは変わりません。でも」

 人間は、そう変わらない。自分を見ててそう思う。若い頃からあまり変わっていない。「変わりたい」と頑張った時もある。しかし、そうは問屋が卸さない。キリスト者にな...

記事を読む

2024/06/16

6/16巻頭言「リクライニング闘争」

 急遽、東京で午前10時に打合せが入った。北九州発が満席で福岡午前7時発を予約。だが、その時間に自宅から福岡空港に到着できない(電車がない)ことに気づき土壇場...

記事を読む

2024/05/26

5/26巻頭言「僕が被災地に通う理由」

 先週は岩手で財団のメンバーと今後のことを話し合った。今週は能登。輪島周辺の施設や地域拠点へ物資を届け、現地の方々や輪島市役所の担当者と意見を交わした。まもな...

記事を読む

2024/05/19

5/19巻頭言「僕が生きているということ」

 先日、関東学院大学で講演をした。対象は一年生だったが、その他にも合流してくださったゼミの学生、一般の方々、そして星の下の現地メンバーなどが聞いて下さった。 ...

記事を読む

2024/05/05

5/5巻頭言「牧師のことば」

 牧師は、ことばを生業(なりわい)にしている。それが「風呂屋の釜」、すなわち「湯(言う)だけ」で終わったらいけないが、実行できずとも牧師は「ことば」を語る。3...

記事を読む

2024/04/28

4/28巻頭言「今も時々思う―問いの中に生きる 最終回」

 「誤嚥性肺炎」の治療としては「絶飲食」は当然だと素人の僕にもわかる。ニベアが無くなった件もひもじさに耐えきれなかった親父が食べたかどうかはわからない。絶飲食...

記事を読む

2024/04/21

4/21巻頭言「今も時々思う―問いの中に生きる その②」

 僕は、鞄の中に「大吟醸」を忍ばせていた。見舞いに行く度に「今度こそ一杯飲ましてやろう」と思っていた。しかし、なぜか見舞った日に限って親父は発熱しておりそれど...

記事を読む

2024/04/14

4/14巻頭言「今も時々思う―問いの中に生きる その①」

 NPO法人の専務である森松さんの母上が急逝された。とりあえず森松さんの故郷である沖縄に向うことにした。僕の親父の時は、森松さんが滋賀まで来てくれた。日帰りで...

記事を読む

2024/03/31

3/31巻頭言「人間ってやつは―飛行機の中での出来事」

 春休みになって飛行機はほぼ満席状態が続いている。羽田から北九州に向かう機内は、日ごろはサラリーマンがほとんどだが今日は子ども連れが多い。帰省なのか、旅行なの...

記事を読む

2024/03/24

3/24巻頭言「いてくれてありがとう―臨床美術の人間観」

 東八幡教会にも来てくださった関根一夫先生が臨床美術に関する本を出版される。本の帯文を依頼された。関根先生にはお世話になっており、お断りすることはできない。恐...

記事を読む

お問い合わせCONTACT