ご利用のブラウザは、東八幡キリスト教会(URL)では非対応となっております。
ブラウザを最新版に更新してご覧下さい。

動作環境:Firefox,Chrome,IE9以降,Safari

preface 巻頭言

2017/09/17

助けてと言える社会へ―宗教福祉プラットホームの創設を

(「仏教タイムス」という週刊の新聞に記事を書いた。発行は毎週二万部) あれだけ話題になったにも拘わらず今年も9月1日に子どもの自死が相次いだ。この国の闇は...

記事を読む

2017/09/10

生きる意味は何ですかと問う前に

講演会で「生きる意味は何ですか」との質問がでた。「そんな難しいことはあまり聞いてほしくない」というのが正直な気持ちだ。「人は何のために生きるのか」。これは東八幡...

記事を読む

2017/09/03

恐れるな―戦(いくさ)は気から

8月29日朝6時。携帯電話がけたたましく鳴った。あの朝私は震災支援の事で石巻市のホテルにいた。叩き起こされ何事かと携帯を見ると「ミサイルが飛んでくるから丈夫な建...

記事を読む

2017/08/20

出会う旅は危険がいっぱい

先週十一名の中高生がやってきた。「隣人に出会う旅」の一行だ。四泊五日でホームレス支援の現場に学ぶ。 「隣人に出会う旅」は危険な旅だ。アフリカのジャングルクルー...

記事を読む

2017/08/13

直感的平和

親父(おやじ)は、日本軍として中国戦線に出兵、敗戦と同時にシベリヤに抑留された。酷い目に遭ったのだろう。だから明確だった。「知志、戦争だけはアカン」。説明などな...

記事を読む

2017/08/06

四十九日―忌明けということ

先日親父の四十九日の法要があった。その折には多くの方々にお気遣いいただいた。お袋は少しづつ落ち着きを取り戻しつつあるが寂しそうであることは否めない。 奥田の実...

記事を読む

2017/07/30

キリスト教愛真高校―孤独に思考する学校

島根県江津市の山間にその学校はある。生徒は五〇名程。全員が寮で生活をしつつ学んでいる。「人は何のために生きるのか」を考えるために設立されたのが愛真高校だ。学校に...

記事を読む

2017/07/23

相模原事件から一年―宗教者としての思い

2016年7月26日相模原市にある障がい者施設「津久井やまゆり園」が元職員である26歳(当時)の青年に襲撃され19人が殺害され、多くの人々が負傷した事件から一年...

記事を読む

2017/07/16

『すべて』と『すでに』を告白する教会

先週南小倉バプテスト教会の「信仰告白お披露目会」に参加させていただいた。5年の歳月かけ紡がれた言葉は、教会で「生き」、いや「生かされた人々」、あるいは「いのち拾...

記事を読む

2017/07/09

つくりだす人は幸い

「都民ファースト」圧勝。というより「自民」の惨敗で都議会選挙は終わった。国政選挙と地方選挙は違うとは言え、この結果は現在の自民、特に安倍政権に対する批判であった...

記事を読む

CONTACTお問い合わせ